Facebook Instagram Twitter YouTube

八幡浜大島 ポータルサイト

2018.05.31 イベント

【PRイベント】ニホンバシ46ドウフケン #014 エヒメ「東京・日本橋」

平成30年6月23日(土)に東京・日本橋にて、八幡浜大島のPRイベントを実施します。

『ニホンバシ46ドウフケン』とは、NPO法人日本橋フレンドが主催するイベントで、”五街道の起点、日本橋から始まる、日本への旅”をコンセプトに、東京日本橋から”その土地の魅力” に出会い・知り・食べ・語り合う、五感体験型企画です。今回で14回目の開催となります。


【ニホンバシ46ドウフケン  #014  エヒメ(八幡浜大島)に参加して体感できること】

《その1:出会い》今回のゲストは、現役素潜り漁師で島の区長、島で生活して3年目の地域おこし協力隊、2018年夏オープン予定の交流拠点施設を設計した一級建築士、そして八幡浜市長。”八幡浜大島”に色々な角度から関わる方々との出会いがあります。

《その2:知る》宇和海に面した八幡浜大島は四国本土の八幡浜港から定期船で約22分の距離。海は青く澄んでおり、島に渡ると緑!青!青!が飛び込んできます。人口230名で約70%が65歳以上という厳しい現実はあるものの、都会の喧騒を忘れてしまう”いやしの楽園”を知れます。

《その3:食す》本来なら島に渡らないと食べることのできない”旬の食材“をお取り寄せし、日本橋室町豊年萬福の料理長が作る46名物『地域の御膳』を今回は特別にコース形式でご提供致します。

《その4:語り合う》ニホンバシ46ドウフケンは参加者がスピーカーの話を聞くだけの一方通行ではないところに醍醐味があります。ゲストそして参加者同士で”島の未来”を語り合いましょう


 

ニホンバシ46ドウフケン #014 エヒメ

《第一部:出会う・知る》

  • 46恒例のアイスブレイク「46と大島と日本橋(仮)」
  • オープニングスピーチ「だんだんクセになる、八幡浜(仮)」
  • プレゼンテーション「いやしの楽園・八幡浜大島(仮)」
  • キーノートスピーチ「島の記憶(おもい)と来島者の記憶(おもいで)をつなぐ場所(仮)」
  • トークセッション「可能性と現実から考える島の未来 〜”あなただけの島“と”課題先進地”〜(仮)」
  • 「大島へ行こう!(仮)」

《第二部:食べる・語る》

  • 地域の夜御膳コース「八幡浜大島、旬の食材を使った御膳」

【イベント詳細HP】

https://nihonbashi46dofuken-yawatahama.peatix.com/

https://www.facebook.com/events/190027718321764/

 

<イベント開催日時>

【お問い合わせ先】

NPO法人日本橋フレンド ニホンバシ46ドウフケン担当宛 nihonbashi46dofuken@gmail.com

【共催】八幡浜市/NPO法人日本橋フレンド【協力】株式会社ジェイグループホールディングス

新着情報一覧へ