Facebook Instagram Twitter YouTube

八幡浜大島 ポータルサイト

モデルコースMODEL COURSE

潮風を頬に感じながら 爽快 大島サイクリング

11:00 【スタート】八幡浜みなっと

道の駅でお昼の支度♪

アゴラマルシェでおいしいお弁当を購入してからスタート!
焼きたてパンコーナーや大島特産のハモや佐田岬半島特産のチリメンを使ったできたて丼もあります。
※土・日・祝日は、大島テラス内のしまカフェで食事ができます。
※事前にお問い合せ下さい。

道の駅・みなとオアシス 八幡浜みなっと

〒796-0087 愛媛県八幡浜市沖新田1581番地23 Google Map>

TEL:0894-21-3710(みなっと)

11:30 八幡浜港出航

八幡浜湾を望むクルージング

みかん山や諏訪崎、佐島(無人島)、佐田岬半島など、四季折々に表情を変える海上からのクルージング風景は格別!運が良ければイルカに出会えるかも?
22分の乗船時間はあっという間です。

田中輸送(有)

TEL:0894-22-0757(運航状況についてはこちらへお問い合わせください。)

切符は船内にて購入できます(往復1,320円)。定期船についてはアクセスページ>を確認ください。

11:52 大島着

レンタサイクルを借りよう!

到着したら、まずは深呼吸してみてください。島の空気を吸って、ゆったりとした時間を感じてみましょう。
そのあとは、島の移動手段となる自転車を借ります。

レンタサイクル・ウォーキングポール

大島テラスで借りられます。
・レンタサイクル:大人用 1日200円/小人用 1日100円
・ウォーキングポール:無料

12:30 三王島

ピクニック気分でお弁当タイム

ログハウス(休憩所)もしくは旧海水浴場でピクニック気分でお弁当!食後は、旧海水浴場で珍しい形の流木や貝殻を探してみましょう。

ココがみどころ

13:30 三王島から地大島へ

海面すれすれのサイクリングロードでドキドキ体験

三王島から地大島へ渡る道。ガードレールもない、海面すれすれを渡るハラハラドキドキの道。
道の真ん中を走れば大丈夫!海に落ちないように気を付けましょう。

海岸線をサイクリング

龍王神社まで続く一本道。風を浴びて左に大島を眺めながら走るサイクリングはとっても気持ちいい!

ココがみどころ

14:00 貝付小島(エンジェルロード)

渡れるかはどうかは運次第!?

潮が引いた干潮時のみ現れるエンジェルロード。渡れるかはどうかは運次第(潮次第)です!足元には珍しい石や貝殻も。
写真はエンジェルロードが見られない時。

ココがみどころ

14:30 龍王池(大入池)

龍王神社と龍神伝説の残る龍王池(大入池)

貝付小島からもう少し先へ足を延ばしてみましょう。
龍王神社の奥にある鳥居をくぐると大きな池があります。
ここには龍が棲んでいるという言い伝えがあり、何とも神秘的な空間。

15:45 島内散策

レンタサイクルを返却してゆっくり島内散策♪

大島テラスの周囲には、古い家並みが多く残っています。島民の方と会ったら、ご挨拶しましょう。島のおじいちゃんおばあちゃんとのふれあいも楽しめるかも。定期船の出航時間に遅れないよう気をつけて楽しみましょう。
(島民の方も皆さんと同様に普通に生活されていますので、島民の方や家等の写真撮影の際はご配慮をお願いします。)

2018年8月に大島交流館 大島テラスが完成しました!

船の待合所としてだけではなく、島の情報発信やカフェの機能も一体となっており、島の人々も訪れた人も誰もが気軽に集い交流できる場所です。
大島交流館 大島テラスについて詳しくはこちら>

16:40 大島港 出航

季節によっては美しい夕日が見えることも

島を過ぎてすぐ、左手に見える無人島(粟ノ小島)を要チェック。ライオンが左向きに寝ているように見えるはず。
11月上旬〜12月下旬にかけては帰りの船でとてもキレイな夕日がみえることも。

17:02 【ゴール】八幡浜みなっと着