Facebook Instagram Twitter YouTube

八幡浜大島 ポータルサイト

2018.06.18 ブログ

島ガールが行く!民宿きむらの女将さんと過ごす、いやしの宿泊体験☆

八幡浜から日帰りでも十分楽しめる大島。

ですが、もし日程に余裕があれば島で唯一の宿「民宿きむら」に、ぜひ泊まってほしい!民宿は、船着き場から海沿いを三王島方向へ徒歩約10分弱のところにあります。(事前に予約していれば、船着き場までお迎えに来てくれます。)

民宿きむらの女将さん「木村光子さん(愛称:みっちゃん)」は、島の皆さんからも愛されるおもてなしの名人。「あら~よくきたねー!」とニコニコ笑顔で迎えられたら、それだけで日々の疲れも吹き飛びます。私を含め、木村さんに会いたくて泊まりに来るリピーターが多数いらっしゃるそう。

木村さんは、たった1人で民宿を切り盛りしているため、現在は基本的に素泊り(1人1泊3,000円)でお願いしています。ただし、「台所は好きに使っていいからね~」というお言葉に甘えて、自炊することもできます。

どうしても料理が苦手という方等は木村さんの都合がつけば、別料金で特製の手料理を用意してもらうのも◎。その時は、ぜひお手伝いをしてあげてください。台所で木村さんのお手伝いをしていると、まるでおばあちゃんの家に遊びに来たような安心感に包まれます。

もし食材を島で調達したいときは、JAにしうわ大島出張所(月~土・8:30~17:00/休み:日・祝)で調達を。野菜や肉、魚などが買えますが、ほしいものが揃わない可能性もあるので、八幡浜から島へ渡る前に調達して持参することもオススメです。

また、「お菓子も好きに食べてね。お茶も飲んでね。タオルも使ってね。」と、常にやさしく気配りをしてくれる木村さん。ぜひ木村さんとのお話も一緒に楽しんでほしいです。

木村さんは、夜は近くのご自宅に戻るため、民宿は宿泊者のみの貸切になります。後は、波の音を聞きながらのんびりするもよし、たまに電波が悪くなる(島ではよくある現象だそう!)テレビを見るのもよし、早々に2階でふかふかの布団にもぐりこむもよし。

オススメ:雲の無い夜は、是非外へ!時間を忘れて星空観察をしてみてはいかがでしょうか!

 

島の朝は早いので、木村さんが翌朝民宿に来るのも早朝!

朝便7:30の定期船で帰るときも、お見送りをしてくれます。あの笑顔で「また来てね~!」と言われたら、「また来ます!必ず!!」と誰もが思うことでしょう。

原則1日1組限定なので、泊まりたい時は必ず事前に民宿へ電話予約を♪

「いやしの楽園」八幡浜大島で、いやしの宿泊体験、してみませんか?

Writer by 山岸道子(NPO法人日本橋フレンド)

民宿きむら

TEL:0894-28-1073

料金:お一人様1泊3,000円(素泊り)

※現在は基本的に素泊りでお願いしております。(自炊調理可)

※食事提供をご依頼したい場合は、直接ご相談してください。対応できない場合もございますが予めご了承ください。(別途追加料金)

 


2018年6月23日(土)に東京・日本橋にて大島のPRイベントを開催します!

お時間ございましたら、是非大島を体験しに来て下さい。多数のご参加をお待ちしております!

イベント詳細

ニホンバシ46ドウフケン #014 エヒメ

https://yawatahamaoshima.com/news/info/453.php

新着情報一覧へ